馬プラセンタで美貌をキープせよ|引力に負けない肌へ

血の不足には動物性鉄分

男の人

1度に栄養補給

貧血気味の場合に必須栄養素として推進されている鉄分は、体内で作り出すことができない分、鉄分を含む健康食品からコンスタントに摂取することが必要です。鉄は赤血球を作る働きを担っていますが、造血効果があるビタミンB6やB12、妊婦への摂取が推奨されている葉酸などを同時に摂取することで血液の不足といわれる貧血の予防や改善が図れます。鉄を効率良く摂取するには、造血効果が期待できる食材も同時に摂れる鍋料理が適しています。特に女性が苦手としたり、ダイエット中に不足しやすいのはヘム鉄で、牛・豚・鶏などのレバーをはじめ、カツオ・イワシ・アサリなどが代表的な食品です。鍋であれば、ダシ汁にも利用できます。また、食事制限によるダイエット中でも罪悪感が薄いと言われているのは非ヘム鉄ですが、血液は鉄分だけでなく、タンパク質や銅などからも作られるため、貧血改善には栄養バランスが整うレシピや調理法も大切であると言えます。

スポーツによる障害

ホルモン分泌は睡眠中に活発化し、血液バランスも効率的に整えられるものの、現代人は睡眠不足に陥りやすく、不安定な血液循環によって鉄分の吸収も低下し、昼間の活動中に貧血を起こしやすくなります。入眠を誘うにも適度な運動がポイントで、代謝が上がることによって血液循環が改善されます。血液のもとになる赤血球は、酵素を身体に巡らせる働きを担っており、貧血による立ちくらみなどは血の不足ではなく、赤血球の減少です。血液や酸素の巡りには運動は必須ですが、知っておきたい情報として、スポーツ性貧血の症状を招くケースも指摘されています。女性は月経の影響もあり、赤血球が壊れやすいスポーツは注意が必要となり、膜の酸化を予防する一工夫もポイントです。例えば、ビタミンC・E・ポリフェノールなど、抗酸化作用のある栄養素をチャージして運動することも知っておきたい貧血改善の知識です。